「ミシェル・オバマ 人気」 2020年の次期大統領選出か?!

社会

「ミシェル・オバマ 人気」 2020年の次期大統領選出か?!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

9日、米大統領選で共和党候補ドナルド・トランプ氏が勝利したことを受け、各州で抗議デモが相次いでいる中、米国を救う、唯一の希望として、ミシェル・オバマ大統領夫人を期待する投稿が殺到している

ミシェル・オバマ大統領夫人を期待する投稿が殺到している

トランプ氏勝利の結果判明後、「ミシェル、助けて。あなただけが私たちの希望だ」「4年後に初の黒人女性大統領を誕生させよう」といったコメントが相次いだ。
 今回の選挙戦でミシェル夫人は、民主党候補のクリントン前国務長官の支援に奔走し、人気の高さから「最強の応援弁士」とも言われた。もっとも、肝心の夫人は立候補の考えがないと再三強調。オバマ大統領も夫人の出馬の可能性を否定している。

ミシェルを知らなければならない

米国のファーストレディーには、

伝統的に象徴としての役割が期待されてきた。

アメリカを代表する

「良き妻」「良き母」としてのシンボルである。

この伝統に部分的に挑戦し、

「有能なキャリア女性」としての意味を

持ち込もうとしたのが、1990年代のヒラリー・クリントンだった。

ミシェルはヒラリーとはまったく別の方向性で、

しかし伝統的なファーストレディーとは

異なる存在であろうとしている。

ミシェルがなにより新鮮なのは、政治との距離感である。

オバマ夫妻は、本来はワシントンの政治とはおよそ縁遠い。

とりわけミシェルは、有能な法律家であり、

社会に尽くすことを生き甲斐としているが、

政治家の妻になることを望んでいたわけではなかった。

夫のオバマは、作家志望の青年であり、

地域活動を支援するコミュニティ・オーガナイザーであり,

憲法学者であり、子供たちにとっての良き父だった。

オバマはイリノイ州議会議員時代も、シカゴ大学で講師を兼職し、

地元の地域活動を基盤にしていたので、

職業としての政治とは縁遠い人物だった。

その意味では、

オバマが2005年に連邦上院議員としてワシントンに踏み出したとき、

ミシェルは初めて「政治家の妻」になったとも言える。

職を辞し、フルタイムの「政治家の妻」になったのは、

ホワイトハウス入りしてからだ。

オバマが政治に出ることに反対し続けたミシェルにとって、

政治は永続的職業ではなく、社会改革の一手段である。

オバマの大統領選挙立候補宣言の直前の会食で、ミシェルが心配を漏らした。

「もしも、誰かが、彼を傷つけたり、

あるいは殺したりしたらどうしよう。

もしも、負けたらどうしよう。

そのことでアフリカ系の政治進出が、

かえって行き詰まるのではないか」

ミシェルはオバマの挑戦が道半ばで阻まれることで、

「人種の壁」を乗り越える道にも影が差すことを恐れていた。

会話は「もしも」の連続だったが、

ミシェルはリスクがあろうと、

社会改革(チェンジ)のための政治は挑戦に値すると決断したようだ。

ミシェルの夢を現実に

「私たちは、もしもバラク・オバマが合衆国大統領になれたら、

もしも彼が、私たちが夢見ることを実現できたら。

貧困から人を救い、すべての国民に医療保険を与え、

国の諸政策の優先順位を転換できたら、そう思うことにしたのです」

オバマを求めたのは時代の要請であり、

ミシェルはそれを支えることを決めた。

ミシェルが大統領夫人としての気負いを感じさせないのは、

脱党利党略のワシントン政治変革を目指すオバマ路線と、

政治にどっぷり浸からず,

アマチュアでいようというミシェルの感覚が一貫しているのだ。

その意味でミシェルは珍しく「政治家の妻」らしくない

ファーストレディーである。

ミシェルオバマ夫人の元男性説トランスジェンダー説を検証

「女性が大統領になることが当たり前に」ミシェル夫人がヒラリー氏支持、演説に喝采の声

米大統領選 クリントン候補の集会にミシェル夫人 攻勢強める

トランプ氏は「恥知らず」 ミシェル夫人、女性蔑視発言を痛烈批判

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!