南スーダン 命の代償はお金と考える防衛省

社会

南スーダン 命の代償はお金と考える防衛省
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

最新のキュレーションサイトで副収入を得るチャンス!! 

最新のキュレーションサイトに興味がある方、無料であなたのブログがネットに投稿
できます。人気のブログを書いて高収入を狙いましょう。

        DREAMERSの広告サイトで詳しくご覧ください。



防衛省が南スーダンで陸上自衛隊の部隊が任務中に死亡したり、重度障害になったりした場合の弔慰・見舞金を引き上げた、しかし、最高限度額を上げれば良いってもんじゃない、一番大切なのは命じゃないか。だったら、安全であるための整備など、悲劇が起きない為の対策にお金を投じる対策をするべきじゃないか! 私は憤りを感じる。 自衛隊から他衛隊に名称も代わる時がくると思う。

安全保障関連法に基づく新任務「駆けつけ警護」に与えられた措置とは

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣した陸上自衛隊の部隊が任務中に死亡したり、重度障害になったりした場合の弔慰・見舞金の最高限度額を、現行の6千万円から9千万円に引き上げる方針。

賞恤(しょうじゅつ)金に関する訓令の改正をする。


弔慰・見舞金の引き上げは、いずれも3千万円を上乗せして9千万円としたイラク派遣やソマリア沖・アデン湾での海賊対処、原子力災害への対処に続く措置となる。11月6日に手当追加の閣議決定をするのに合わせ、防衛省の「賞恤(しょうじゅつ)金に関する訓令」を改正する。



出典 http://www.pko.go.jp

最高限度額の引き上げの背景には

引き上げるってことは、陸上自衛隊の部隊の相当のリスクがあることが誰にだって解る。家族の悲痛な思いははかり知れない。隊員が安心して職務に打ち込めるよう保障を引き上げると考える政府は浅はかだ。国民は隊員が全員無事に帰ることだけを願っていることが解らないのか!!! 稲田さん、あなた解っていますか?

11月12日からは、駆け付け警護の任務とは

部隊が道路整備などの活動に当たる予定だが、各地で民族対立が激化している現状に強い懸念している中、状況の悪化のなかでの任務は厳しいものになるのは解っていることだ。

南スーダンの情勢を警告

南スーダンでは、最大民族のディンカ族を中心とする政府軍と、ヌエル族を主体とする反政府勢力の間で武力衝突が繰り返され、今年7月には首都ジュバで戦闘が再燃し、多くの死傷者が出る。その後ジュバでは戦闘が終息したようだが、各地で民族対立が激化し、暴行や集落の焼き打ちなど、民族浄化が進行している。事態収拾のため、PKO部隊を一刻も早く追加派遣するよう求められているというから、状況は深刻だ。

youtube まとめはこちら ↓↓↓

現在でも政府軍と反政府勢力の間で武力衝突が続いている南スーダン。人権状況を調査した国連の人権専門家は「各地で民族対立が激化し、暴行や集落の焼き打ちなど、民族浄化が進行している」と警告している。
PKO部隊を一刻も早く追加派遣するよう求めているということは、今の派遣部隊では対応できない深刻な状況だということだ。
政府は何をしているのか! 事後報告では遅いんだよ。

twitter まとめはこちら ↓↓↓

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう